笑顔良し!体力良し!
集まれ元気女子!
大阪市北区天神橋5丁目6-30
  1. 第33回 石川 亜矢子

第33回 石川 亜矢子

第33回 石川 亜矢子

ギャルみこしに参加して

昨年、担ぎ手の募集を知り、、「やってみよう」という思いつきからスタートし、今や私の人生を語るに欠くことができないエピソードの一部分になっている「ギャルみこし」。

巡行中は、「しんどい」より「楽しすぎて、この時間が終わるなんて嫌や」という気持ちが募るばかりでした。

また、「ギャルみこし」を通じ、年齢や職種も異なる仲間と出会え、人との輪が広がり、日々楽しい時間を過ごしています。

寝言で「わっしょい」とつぶやいてしまう位、「ギャルみこし」が大好きです。

スタッフの方々をはじめとし、関係者の皆様には感謝しております。本当にありがとうございました。

ミス天神橋に選ばれて

「第33回ミス天神橋」として、自分の名前が呼ばれた瞬間、何が起こったのか全く理解できず、生まれたての小鹿状態(笑)で「私でいいんですか?」と連呼した歴代一、まぬけな表彰式になったことを今でも覚えています。

この一年間、28歳を普通に過ごしていると、決して味わうことができないような一日駅長の就任、テレビや新聞に出演等を経験するにつれ、コンプレックスが多かった自分に少し自信が持てるようになりました。

また、スタッフの方々に「選んでよかった」と思って頂けるように「しっかりしなきゃ」という意識のもと、日々行動してきました。(まぁ、数々の失態等もございましたが、今となっては、個性として暖かく受け入れて頂いたと信じています。(笑))

最後のお仕事を終え、「成長したな」と、やっと一年越しの合格点を頂くことができてよかったです。

現在、頑張っていることなどを教えて下さい!

空手で黒帯を取ることをさりげに目論見ながら「凛として美しく」というキャッチフレーズが似合う女性になるため、正しい言葉遣いや姿勢を意識し、自分磨きを頑張っています。

歴代のミス天神橋の方々みたいに「幸せな家庭を築きたい!!」と思い、素敵な旦那さまをGETし、子供にも「ギャルみこしにでたい!!」と、いってもらえる日を早々と妄想中です。(笑)