Loading news. please wait...
Loading news. please wait...

2011年度 ギャルみこし参加者 体験インタビュー

2011年度のギャルみこし参加者の皆様に集まっていただき、どういった経緯で応募にいたったのか、面接や巡行当日の感想、これから参加したい方へのアドバイスをインタビューさせていただきました。

座談会メンバー
  • 『ど』:堂馬
  • 『お』:大田
  • 『う』:梅田
  • 『か』:友繁
  • 『わ』:渡辺
  • 『く』:葛尾
  • 『て』:寺下
  • 『つ』:塚本
  • 『た』:谷垣
  • 『も』:元井

体験インタビュー

ギャルみこしを知ってましたか?

ど:おかんが知ってた!もう4年位前から「やりなさいやりなさい」って。
た:へ〜。周りの友達とかは結構知ってましたよ。
  私は天神橋筋商店街のポスター見て知りました。
  あっ、こんなんあるんやって。
く:私は会社の友達が「応募したいんやけど、やらん?」
  みたいな感じで言われて。
も:ギャルっていうから10代の地元の子ばっかりかなーと思ってたけど
  全然そんなことなかった。
  せっかく大学生になったし、夏休みもそんなに予定なかったし、
  なんかしたいなーと思って応募しました。
て:ママが商店街の服屋さんで働いてて、毎年担いでるのとか見てずっと出たいなーと思ってて
  やっと高校生になったし出ようかな?って。
司:高校生になるのを待ってた感じ?
て:そうです
お:モチベーション高っ!
  私は今年で最後やと思ってたからです。
た:わたしも!
お:年齢制限が30歳になってて、会社の人に「出れるんですけど、行ったっていいっすか?」
  で会社の人も「出れるんなら会社3日休んでいいぞ」ってトントンと話がまとまったみたいな感じですね。
司:それ、参加してみたいなぁとか思ってたん?
お:思ってなかったです(笑)
  でも、母親はすごいやって欲しかったって言うてましたよ。
司:お母さん世代は、縁起ものとして思ってくれてる人が多いのかな?
  嫁入り道具じゃないけど(笑)
お:そうそう!ちょっと担げるうちにやっときな!みたいな。
つ:私はずっと昔から知ってたんですけども、一回しか応募できないと思ってたんです最初。
  で、一回限りのところに、こう皆で夢中になってってのが、すごいイメージ的に良かったし
  でも抵抗みたいなのがあって、もうずっと、ミニスカートも10代の時しかはいてないんで‥
  まず服装とか‥
司:ハッピ姿にね‥
つ:はい。そういうのも抵抗あったけど、やってみたら逆にその服装で元気に、衣装着て元気になれる!みたいな。
つ:友達になった子、履歴書に賞もらったこと書くって言ってました。
他:履歴書に?
司:もらった賞は全部書いといたらええねん!(笑)
お:でも、ミスコンテスト集みたいなのにギャルみこし載ってたで。
  めっちゃびっくりしたけど(笑)
  いっちゃん笑ったのが石井ちゃんが大学のホームページで準ミスに選ばれましたって載ってたのが笑いました。
か:OPAの横の看板にも出てますよ!
か:夏休み、やっぱ大学生って長いから、だし楽しそうみたいな。
わ:友達がめっちゃでたがってて、周りの子にも聞いたら、とりあえず応募しいや!みたいな
  なんかノリでだしてみる?みたいな感じで出したらうかった!みたいな

仮装でわっしょい!のテーマでその衣装を選んだ理由は?

司:梅田さん、仮装大賞に選ばれてんね?まず何をやったかを‥
う:オタクです
う:なんかオタクの人とかを見てて、私がやったらおもしろいかなと
  でコスプレのアリスの写真を応募で送ったんで、
  それとそのギャップがおもしろいかなと
司:インパクトあったな〜
か:太陽の塔です
司:なんでそれしようと思ったん?
か:え?なんか‥ニッポンわっしょいってかいてたから大阪っぽいやつをしたくて
  友達に何がいいやろって聞いたら、ぶたまんか太陽の塔しろっていわれて
司:それ緊張とかせんかった?
か:緊張しました。めっちゃ!でももう勢いで。いってきまーすって。
た:わたし力士しました。
  最初、職業柄ナース服きていこかなって思ってて、友達に言ったら甘いわって言われて
  衣装をロフトとかで探したんですけどなくて3日前‥準備期間なんか短くなかったですか?
  じゃあ力士してこい!肉襦袢着て!みたいな感じで
お:オーディションの日、めっちゃ楽しかったよなー
た:いや、早く帰りたかった!わたし
  とにかく誰も通らんといてと思った。
ど:私、普通にダンスの格好してきました。
  マイケルジャクソンのTシャツ着て、ジャケット着て‥何も思い浮かばなかったですし
  結構私そのころ就活病みしてたんですよ。
  で、おかんがやれ!っていうから「はぁ」みたいな感じでとりあえず送ったんです。
  そしたら書類選考通って、フラッときたら商店街に舞台があって!
  ちょう、商店街に舞台があるってどういうこと?!って
わ:めっちゃ無理!っておもったやんな。
  私、ファッションの学校いってて、ドレス作ったからそれ着ていこうと思ったんですけど
  そこまでする人いるんかなーみたいな。
  でサンタさんしか思いつかんくて、これならかぶらんかなって。
司:かおりちゃんは緊張した?
て:バリ緊張したー。インタビュー記憶にない。
司:そういう舞台でインタビューされる機会ってなかなか無いもんね。もといさんはどう?
も:私、そんなに緊張しないタイプなんでー
司:あ、わかる(笑)

合格通知が届くまで、受け取ったときの心境をおしえてください

ど:めっちゃうれしかったです!
  なんかもう、自分はうからんと思てたんですよ。
  落ちたら落ちたで気にせんとこって感じ
  でいたんで、逆にものっすごいテンションあがっちゃって、
  みんなに言おう!みたいな
つ:私は実際オリエンテーションとかでみんなと出会えて実感がでてきた、
  徐々にうれしいって感覚が沸いてきましたね。

当日、実際担いでるときはどんな気持ちでしたか?

く:わたし身長高いんで、重心がめっちゃきてるような感じで、痛〜!と思って
  『いや〜』って(笑)
か:楽しかったです!しんどいけどまわりの雰囲気で楽しめた、みたいな
  今年2年目なんですけど、今年の人らのほうがさらに仲良くなったと
  めっちゃ思いました。
ど:めっちゃ楽しかったです。私背が低くて肩が届かなかったんですよ。
  だから一生懸命ここに居たい感じを出そうと声をだして、あとは商店街の
  おばちゃんとか、上から見ている人が手を振ってくれるんですよ。


ど:で、手を振り返したら「お〜っ!」みたいに言ってくれるやりとりがスゴイ楽しくて
  いろんな人に目を合わせて、こう(笑)コミュニケーションとってました(笑)
  楽しかったです!
司:終盤になりフィナーレ。ヘトヘトやったと思うんですけどどうでしたか?
ど:まだやりたくてしかたなかったです。
?:終わった瞬間に、『あ、もうちょっと担ぎたい』って思いました。
つ:気持ちよかったです。トランスの状態?ほぼ、そんな感じです(笑)
司:なかなかあれだけハジけられることってないからね

巡行以外にさまざまなイベントがありました。

司:広島のきんさい祭に参加しましたが、いかがでしたか?
た:泊りやったから、みんなと仲良くなれた
  巡行だけやったらなかなかねえ
お:地元の人といっぱい交流できて、なんかすごい
  『ギャルみこし来てくれはった〜』みたいな
  そのウェルカムはうれしかったですね
お:もてなしがね。一体感がより高まって。
  地元の人も担ぎにきてくれて、その交流がたのしかった。
お:私ら専用の太鼓を作ってくれてはったから
皆:あ〜あれうれしかった〜!
お:それだけやっていただいて私ら返せたんかなーって思いますよね。
た:そやね。来年も呼ばれたらうれしいのになぁ。
司:それ以外のイベントは?
た:こんなにイベントがあると思わなくて、でも楽しかったです色んなとこに参加できて。
  映画のモテキのPRがよかった!
司:俳優さんと絡めるのなんて普段できない経験なんで
た:試写会も行けたし。なんかちょっと特別感みたいな。
司:関係者席みたいなところに座らせてもらえたんやっけ?
皆:そうそうそう
お:わたし、北区民カーニバル良かったで。地域密着イベントみたいで
た:商店街の告知PRイベントも楽しかった!
た:商店街のイベントに入れるのはすごいいいなあって思った
司:またイベントがあったら参加したいとおもう?
皆:もちろん!!

ギャルみこしの一員になってよかったこと、自分にとってプラスになったことは?

お:友達できたこと!
皆:うんうん!わかる!!
か:やっぱり一番みこし担げたことが一番よかったです
  あんまりそういうことってできへんし、結構自慢かも。
  友達にめっちゃ見に来て!って言ったし
く:こんなしんどいことやってんやぁって思って、
  人生経験として良かったなぁと思いました。

来年応募するのはどんな人におすすめ?

ど:就活で悩んでる人!
  なんかギャルみこしを経てからプラス思考になったりとか、
  今までやってた自己PRが変わったりする。引きこもり脱却しました!
  なんか人と出会う意味でも新しい発見あるし、経験自体が新しい発見やから
  なんかこう、迷子になってる人には是非!って思う。
  あと盛り上がるの好きな人とか。
  私ギャルみこしにめっちゃ感謝してます。
  大きいんですよ、自分の人生のなかで。
た:みんなに言ってる!来年出よ!みたいな。
た:でもなんだろう、自分を出したいけど、
  出せない人とかはいいんじゃないかなって。
ど:出しやすい環境ですよね。はっちゃけやすい!
司:応募するまでが勇気いることかもしれんけど、それさえクリアしたらね
  脱却できるというか、一皮むけれるんかもしれないですね

なぜ自分が受かったとおもう?どうしたら受かると思う?

皆:人と違うことをするとか
お:自分を素直に出す以外ないんかなあ
も:私とかどちらかというと文科系やし、おもしろいこととか言われへんし。
司:面白いよ。十分(笑)
お:確かに体育会系じゃなくても楽しいこと好きな人なら
  いけるってのを言えたらいいんちゃいます
も:ま、いろんな子が必要だとおもうんで、自分らしく個性を出したら、はい。
  面白い子も必要だし、たぶんおとなしい子もいるんだろうし‥
お:ここ結構大事ですねー
  ギャルじゃなくてもいける!体育会系じゃなくてもいける!みたいな
皆:やってみたい!って気持ちだけでいいと思います
Loading news. please wait...
Loading news. please wait...
PAGETOP